私が保育(現場)を一旦離れた理由

更新日:

私、現在は保育園で働いてないんです。

先月辞めたんですね。

それまでは週5の10時間で働いてたんだけど←私は個人事業主として契約していたので、労働基準法違法にはなりません。

 

 

理由は色々あります。が、

大きな理由のひとつは、体を壊しました。腰痛が原因で体が動かなくなったんです。

 

私の保育人生は

基本1歳~3歳がメインで、毎年その年代の担任になることも多かったので、

とにかくこの何年かは抱っこすることが非常に多かったんです。

もともと、年齢限らず、抱っこしてあげれる子、してほしそうにしている子には惜しみなく抱っこをつづけていたので、

基本、抱っこ先生でした笑

そんな私なので、保育に関しては抱っこ人生を送っていたんですね!

正直、自分は腰痛とは無縁と思っていたから全然きにしてなかったんだけど、

蓄積されてしまったでしょう。

8年目あたりから、腰の痛みが出始めました。

でも今更、抱っこ先生の立ち位置かえるつもりもなかったし、私がそうしてあげたい気持ちがなによりあったから。

腰をかばって、腕の力メインでだっこしたり、肩をつかったりと、腰に負担がかからないあの手この手の方法で仕事をつづけていたら…

全身ボロボロになっていました。

 

本気でヤバイと感じた時には体の痛みに耐えれなくて突然声がでなくなったり、かわりに涙がでてきたり。

最終的には、こどもは好きだけど、こどもがこっちに突進してくるとそのまま倒れそうで凄く怖くなってました。

 

なんとかならないかと悩み抜きましたが、時すでにおそし。

 

体が動かなくなり、そのまま2週間安静。

回復したと思っても、現場復帰したらすぐに体が痛くなるを繰り返すようになりました。

 

身体が健康でなければ、保育の仕事なんてできません。

もう、しばらくは現場に入る事はできないんだな。と悟りました。

 

つづく→

ークラウドファンディング挑戦中です☘ー

https://faavo.jp/tokyo23/project/3316

Copyright© 小阪有花オフィシャルブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.